2012年05月17日

それだけでは

確かに、何事もタイミングとか勢いは大事。
それで物事がぐいっと動くこともこれまで多々見てきた。
なければ、物事が動かないことも多いし
チャンスがつかめないことも分かっているつもり。

でもどうしてもそれらだけでは決められないこと、
進められないことがある。
人によるんだろうけど、私はそう。
過去のトラウマとか、劣等感とかが
スピード感を邪魔してるのも分かっている。

そんなに石橋を叩くタイプだったっけ、と友人に言われたけど
それはこれまでの経験で、
石橋を叩かないと怖い、と思うことがあったから。

怖い経験をしていなければ、石橋なんて叩かないさ。

だけど敢えて踏み出そうとしているのだから、
内部エネルギーが要るのは当然... ということか。


posted by あねごん at 19:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

攻める

最近、私の身の回りには「○○したら負け」「勝負」とか
そういう言葉が多いような気がしてきた。
何事も勝負だと思うくらい、勢いがあるということか。
そんだけ自分には勢いがないということか。

いや、そもそも他人の発してる言葉だから
それは他人の価値観で
私がどうこう言うことじゃないか。

いずれにしても「勝負」ということは all or nothing ?

ということは、私もよく「1か0しかない」と言われる訳で、
自分が、誰かのそういうところが気になるってことは、
自分の中にもそういうところがあるということか。

そんなことを思った一日。
posted by あねごん at 23:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

嫌悪感

わりと大らかな方だとはいえ、人間なので

色々、例えば一緒に居る時間が長かったり、
相手に対して期待しすぎたり、
乗り越える課題が、各々にとって大きすぎたり多すぎたりしたら、
コミュニケーションに問題も出てきて、
嫌悪感を感じる間柄になってしまうみたい。

出来るだけ、嫌悪感の少ない人間関係で居たいと思うけど
全ての人に好かれるのは無理なのと同じで、
自分が全ての人を好きになるのも無理だってことに
改めて気づかされるここ最近。

少し前、嫌悪感を抱くことすら、自分のせいだと思っていた頃よりは、
自分の抱く嫌悪感を認められるようになったのかも。

これが、自分を受け入れるということか。

もう一つ言うと、嫌悪感を抱く間柄になると
その人全てを否定しそうになるのが
まだまだ自分の足らないところ。
posted by あねごん at 12:10| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

どっち

深く物事を理論立てて考えるのが苦手な癖に
石橋を叩き過ぎる時がある、ということに今日気づいた。

ぐるぐる考えててもしゃーないのにな、と
自分でも思うのに、「自分の中で折り合いをつけて
その状況を楽しむ」のがあまり上手ではないらしい。

ま、でもチャレンジしてみようと思う方向へ
自分を持っていく、とか、結果はともかく、
自分が人間として成長できると思う方を選ぶ、とか
未知の世界に足を踏み入れてみる、とか、
年齢と共に少なくなっている訳で、

そう思うと、新しいことに取り組んでみる環境が
少しの手間で自分の目の前にやってくるのだとしたら、
ま、やってみてもいいのかな、と思ったり。

そんなことを考えた一日でありました。
posted by あねごん at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

完璧

自分が何かにつけ完璧ではないだけに、
他人にもあまり完璧を求めていないつもり、というタイプ。
人間、完璧じゃないから出てくる個性もある、とも思っている。

自分の周りの人に対しては、
その人が欠点だと感じていることも含めて「その人」
として認識できればいいなと思っている。

私が甘いだけなのか、私以外の周りの人が
もっと細部まで観察しているのか分からないけど
上司とか周りの人に色々な能力を求めるんだな、と思う時がある。

上司も一人の人間だから個性もあるし、
このサラリーマン社会で「管理職になりたい」と思って
その地位に就いている管理職はどんだけいるか、とも思うし。
いわゆる“管理職”が向いている個性の持ち主が上司になるとは限らないし、
他者に求め過ぎたら、結局自分がストレスを抱えることになる、とも思う。

その相手とうまくやっていきながら、
足りないところは別の人に求めたりして、補いながら
(会社なので)成果をあげるように行動する、
っていうのでいいんちゃうかと...これは甘い考えなのだろか。

会社と言う組織に限らず、どこでもそうなんじゃないのかな...
その人が欠点だと思っているところを好きになれたら
(好きになれなくても、それも含めてその人だから仕方ないと思えたら)
またその人との関係性も変わってくる、と思うのだけれど。

んーよくわからなくなってきた。
今日、話をしていふとそんなことを思った。
posted by あねごん at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

微妙なところ

ちょっとしたことで前の上司と言い争った後、
「その業務の目的を正確に把握するように」
というコメントをいただいた。

ま、正論ではあるけどね。

けど、いちいち把握してたら、やってられないことも多い。

思い出すのは新人時代。

よく分からないまま、日がな一日、電話を取り続けていたこともあるし、
(総合職だったので、同期からは驚かれたが...)

請求書の封入作業を一日がかりでやっていた時期もあった。

一応、“開発屋”としてスタートするはずだった私の会社員人生で、
一瞬、なんで?と思ったこともあったけど、
社会人になりたての自分には、目的とか、理由なんて結構どうでも良くて、
毎月、毎日、給料を貰って、生きていくことが大変でもあり、
それがまた、楽しくもあり、という時期だったように思う。

今から思えば、“社会人の基本のき”みたいなのは
あの時期に、先輩たちから教わったことが多いし。

あまり深く考え過ぎなかったからこそ、変なこだわりとかストレスが生まれずに
今まで同じ会社の中で生き延びてこられたのだという気もするし。
(それが良い・悪いの判断は改めてするにしても)


「なぜ、今、どんな目的で自分がその仕事をしているのか?」

それは勿論、すごく大事なことだというのは理解できるけど、
考えない方が上手くいく(ストレスなく終わっていく)ことも
結構あるんではないかい?、と思ぶ部分も。

ま、正論を教える・伝えるのが管理職の仕事なのかもな...とも思うし。



無理に白黒はっきりさせることではないと思うので、
あまり必要以上にぐるぐると考えることはしないけど、
結局のところ、仕事の部類によって、目的を把握するかしないか、
自分で判断してやれよ、ということなのかもしれない。

これは結構見極めるのが難しい。

今回のいざこざに関しては、
目的をきちんと把握しておくべきことだったのに、なんで君は把握できてなかったの?
というところを管理職に突っ込まれたのだろう、というのが着地点。


うーん。
9年目だけど、まだまだ会社員って、仕事って
こういう技術とは関係ないことの方が難しい。

posted by あねごん at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

次の一手。

友人が、紆余曲折の後、引越しをして新しい生活を始める、という。

きっと、悩んだんだろうけど、次の一手が
(私から見ると)早く打てていて、いいなぁ、と思った。

3年近く経っても、まだ、次の一手が
完全に打てている、とは言い切れない自分。

この差はなんだろうなぁ、とも思う。
思考回路か。

この本




にも、感情の切り替えが早い人は、
“快感情”でいられることが多い、と書いている。

答えの出ないことを、ぐるぐる考えるのをやめるのも、
快感情につながる、と。

確かに。

何か好きなものや趣味に熱中するのもいい、と。

確かに。

言うは易し、行うは難し。

posted by あねごん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

朝は夜より賢い

朝は夜より賢い

そんなタイトルの本があったような気がするし
自分では分かっているはずなのだけど
前の上司と言い争ってしまった。

しかも、不毛なことで...


もうあんまり考えたくない。


でも、捨てる神あれば拾う神あり。

長らくあんまり喋ってなかった、会社の後輩と
マクドナルドで軽くお茶。

来週、改めて会うことにした。

posted by あねごん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

いよいよ

コンクールまであと1週間。

と言うか、来週の今頃は全てが終わっている。

今年は13〜17日をお盆休みに設定し、
(と言っても、うち2日は有給休暇)
世の中より少し遅めの夏休み。

コンクール終わってから、2日ほどゆっくり出来る。

去年はぶっ倒れてしまって、
仕事どころではなかったので学習して...

*****

事務作業、打合せ等で多少バタバタしたり、
久しぶりに真剣に楽器に向き合ったりしてるうちに
いつの間にか、本番1週間前。

練習はあと1回。

最後、音楽を左右するのは、
やっぱり程よい緊張感&リラックス感かな、と。

技術面は音楽監督さんたちに任せるとして、
私の立場で出来ることとしては、
少しでも良いテンション、雰囲気で本番迎えるために
どう持ってこうかなぁ、ということをあれこれ思索中。

皆さん大人なので、私ごときが心配しなくても
自分でコントロールしはると思うけど...


今年は、例年以上にメンバーのガッツを感じることも多く、
なんかいい雰囲気(な気がする)。

自分の楽譜を吹くので精一杯な人が多い中、
何とかしよう、という気持ちが伝わってきて、
今日も夜遅くまで数人が輪になって練習してる姿を見てたら、
この努力、報われたらいいなぁ、と祈るような気持ちに。

コンクールとは、すごくシビアな世界で、
うちの音楽はまだまだ荒削りだし、
こういう“感情面”が全く通用しないのは分かってる。

けど、金賞バンドと同じことはやれなくても、
せめて、練習で出来たところが全部再現できたら、
色んな意味で、きっと満足度の高いコンクールになるんじゃないか。


これを実現するためには、
やっぱり、メンタル面と反復練習が左右するのかな、
と思ってみたり。

あとは心地いい集中力。
本番前に瞑想でもしてみようか(笑)

私は、視界をシャットアウトする瞑想が結構効く...
高校時代に毎朝毎夕瞑想させられてたからかもしれんけど。


我がパートもようやく人が集まり始め、
あと1回で何とか、粗いところだけでも
クリアにしたいところ。

個別も、全体も、音楽も、気持ちも、
方向性をもっとそろえたい。

最後まであがいてみるしかない、という感じ。

posted by あねごん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

あと1ヶ月か・・・

6月。

ワールドカップだ、と思っていたけど、
随分先やな、と思っていた。

でも、あんまり先じゃなかったな...

来月の今日には32歳。
32歳なんて随分先だと思っていたし、
自分が高校生ぐらいの頃に想定していた32歳と
かなり違う人生を歩いている気もするけど、
ま、アリかな。これはこれで。

そんな風に思う今日。


やってみたいと心から思ったことは、
だいたい出来ている気がするし。

31歳、遣り残しのないように、あと1ヶ月。
posted by あねごん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

万事必然

久々に、去年の社内報を読み返していたら
東京のボスが「マネージャのバトン記事」で
「万事必然」ということを書いていた。

今の自分は過去の積み重ねであり、
今の自分に起こることは偶然ではなく必然である。

という主張。


まぁ、”思い込み”だと言えばそれまでだけど、
今の自分があるのは、過去のがんばりと怠け、
良いことと悪いことを積み重ねたからで、
その結果が今の自分である、というのは
色々な場面でとても痛感する。

私にとっては、とてもすっと入って来る話。


昔、受験に失敗した時に母が言っていたけれど、
何か、壁にぶつかって挫折経験をしたことがある人は強い。
挫折経験をしていない人は、何かがあった時に弱い。

だから、あなた(=私)は今、
「強くなれる」経験をしたと思えば、
それでいいじゃないの、と。


東京のボスは、以前、私が精神的に参っていた時に
過去にあった色々な悩みを話したら
「いい経験してるなぁ」というコメントをした。

同じことなんだろうな、これは。
そう思うと、変わった人だけれど、
何となく尊敬できる部分もある。


今、精神面で悩みを抱える同僚が近くに居る。
彼はきっと、壁にぶつかっていた以前の私と同じ状態で、
もがいている最中なのだろうと思う。

ぶつかっている時は、もがくしかないもんね。

すごいしんどいけど。

壁にぶつからなかったら、ラクだけど、
しんどいことを避けるのは、ラクだけど、
きっとそれでは、強くはならない。

壁にぶつかった分だけ、
人は強くなるんだろな、と改めて思った。
posted by あねごん at 23:55| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

男脳女脳

男脳女脳診断、というのがある。
これ

ケータイサイトとかでもあって、
最近ちょっと広告とかをよく見かける。

男脳度数:62.5%
女脳度数:37.5%

私の診断結果...

まー昔からそうだとは思ってたけど、
やっぱりそうか、って感じ。

解説によると、
「これだけで男らしい、女らしいというのではありません。
どちらかって言うとどちらよりの能力を持ち合わせているか
という事だと思ってください。」
と書いてあるけど。

けど、この脳の構成も、自分で作っている気がする。

どっちか言うと、さばさばとシンプルに生きていたいし、
あまり人に寄りかかることもしたくない。

自分がどうありたいか、で
人生勝負していきたい、と言うか。

自分がこうなりたい、というのを
引き寄せた結果、今の自分があるのだろうし。

あーでも、男子に生まれた方が
生きていくのラクだったかも?
いや、隣の芝生は青く見える、かな...
posted by あねごん at 23:55| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

有言実行

結構やることも多く抱えているくせに、
何となく昨日は一日、自分と向き合う日。

飲んだくれで二日酔いだったくせに、
一日の間に、あれこれ色々考えた。

--------------------------------------------

・もっと自分の思いを言葉にする

・少々のことで折れないしなやかな心を持つ

・冷静な判断力と広い視野、行動力を持つ

--------------------------------------------

ここ数年、言葉にしようと思いながら、
確固たる信念も持ててなくて、
周りに拒否されるのが嫌だからという理由で、
飲み込んできた言葉は数知れず。


手に入れたいものを手に入れるための、
最初の一歩。
posted by あねごん at 08:15| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

自分らしい、とは?

職場、楽団、その他プライベート...
小さな波風が立つ度に、
「もっと自分は自分、自分らしくいられたら」
と思う。

他人の色々ごちゃごちゃを気にしてどうする。
と思う自分と、
何となくの嫉妬や、何となくのわだかまり、
いちいち気になる自分への苛立ち、など、
そういう自分と、2人の自分が居る。

もっと、いい意味で自分だけを見て、
他者との関係性も必要だけれど、
必要以上に過敏になっても仕方ない。

頭では分かっているけど、
何も気にすることはないはずなのに、
なかなか自分で自分の感情を制御できない。

もっと「自分が一番」でいられたら。
「自分らしく」「自分にしか出来ないことをして」
人生を歩いていけたら。


「自分らしく」って思った以上に難しい。
必要以上に人に合わせたくない。
どうやったらいいのかな...
posted by あねごん at 23:55| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

有言実行

本社の大ボスと面談の予定が、
インフルエンザになった、というので、
急遽、今の事務所のボスと面談。

比較的満足している下期だったので、
自他両方に対して、言いたいことは
特になかったけど、何となく振り返りトーク
を30分ほど。

これまでのボスとはだいぶ違って、
今のボスは性格がとても穏やかな人なので、
どちらかというと、「共感」をしてくれる。

その分、本社と東京の大ボスが
かなり激しい人なので、
バランス取れてると思うけど。


仕事の中での他者との関係性、
自分の立ち位置を見い出せたことが、
この下期の一番の収穫だと自分では思う。

ボスもこの点については、成長した、
という評価をしてくれた。

来年は、何か勉強してみたい、ということも
ボスには伝えておいた。
何より、今のボスを見ていて、
仕事以外に何か語れるものがあるのは、
いいなぁ、と思ったわけだし。

ん、とりあえず、この下期は
いい感じだったってことかな...

さて来年は何をしよう。
posted by あねごん at 12:15| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

幸せの基準

女子の会で話をしていると、
誰々が結婚するとか、しないとか、
そういう話になったり、

結婚してる友人たちは、
子どもがいるとかいないとか、
そういう話になる。

確かに、一つの形として、人類として、
それは幸せの形だとは思うし、
羨ましいと思うこともあるし、
「結婚が怖い」という同僚の意見も
分からなくはない。

負け惜しみでも、何でもなくて
人それぞれ、でいいんじゃないかな。

結婚したいと思うことも、
子どもがほしいと思うことも、
それはとても自然なことだし、
それでいいと思うけど、

世の中全ての人がその価値観ではないし。

他人のものさしで自分を測って、比べて、
げんなりすることほど、不幸なことはない。

最近そんな風に思う。
posted by あねごん at 19:43| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

コンサルタントの性質?

・全国を飛び回る(当たり前か)
・おいしいもの好き
・意外に芸術にも触れる=美術館&コンサートに結構行く
・意外に礼儀正しい&気を遣う
・意外に几帳面
・↑総じて、色々なことに関心がある
・人前で話す時は丁寧語
・結構一匹狼

くらいか。

もしかしたら「人事」コンサルタント
だけかもしれんけど。
私の周りだけかもしれんけど。

最近、2〜3人を観察した結果。
posted by あねごん at 19:42| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

一区切り

色々、本当に色々あった年月が、一区切りした。

奇しくも昨日から11月。
11月は本当に色々ある。
私にとって、因縁のある月。

文句を言いながらも、ぶつかり合いながらも、
19歳からあたためてきた一人の人との関係が、
12年経って、一区切りした。

一応これで終結。終わりを迎えた。

幸い、いらいらせず、腹も立てずに、
改めて、静かな気持ちで、
この12年を振り返れる精神状態。

大学生から社会人へと人生のステージも変わり、
たくさんのことを知り、経験し、
吸収した年月だったと思うし、

半分以上を彼と共に歩いてきたので、
自分の中で占めている部分は、
今のところ、まだまだ大きい。

辛いこともたくさんあったけれど、
私にとって、とてもとても大事な、
思い出の数々。

ラストの3年は、彼と空間を共にすること、
それですらとても辛かったので、
常にいい関係ではなかったし、
周りの人たちにもたくさん迷惑をかけた。

今、人生の伴侶を得た彼に対して、
心の底から「おめでとう」が言えるほど、
今の自分には心の余裕もないけれど、

彼との出会いも別れも、自分の人生に
必要なものだったろうと思う。

相手が彼だったのは偶然かもしれないし、
前世?から決まっていたこと
だったのかもしれないけど、

何よりもこの経験がなければ、
今よりもっと薄っぺらな人間になっていただろうし、
まだまだとは言え、多少なりとも
人の痛みが分かる人間になった気がするし、
両親の気持ちを思い知ることも出来た。

結果的には、これで良かったんじゃないかな。
自分にとっては。

**

3ヶ月くらい前から、
きっと、何となく過ごすんだろうな、
と思っていた11月1日。

おせっかいな人もいたけれど、
ごく近くにいる人たちが、
色々気を遣ってくれたのか、
忙しなくなったおかげで、
激しく落ち込まずに済んだ。

きっと一日家に閉じこもっていたら、
ひどい一日になっていたやろうし。

私の中では、随分前から
「じっと、その時が過ぎるのを待とう」
と思っていた一日。

今度はきっと、私が幸せになる番。
私は私の道を歩く。それでいいやん。

この日をきっと一生、忘れないでしょう。
posted by あねごん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

咀嚼と愛着

楽器活動がオフ、ということもあって、
あまり仕事以外に自分の生活の軸になるものがなく、
比較的のほほんと過ごしているせいか、

誰かが自分の目の前でしていたこととか、
誰かから言われたこととかを、
いいことも悪いことも全て、
必要以上に咀嚼と言うか、噛み締めてしまう。

たぶん、半分くらいはスルーして
問題ないものだと思うのだけど。
きっと、精神的に”暇”なんだろな。

でもあんまりやると疲れるので、
ほどほどにしとかないと...



最近、ようやく自分の作成物に
愛着が持てるようになってきた。
特にWebサイト。

と同時に、固執してしまうのが怖い気もする。
他の要素を取り入れることを
避けてしまうのではないかと思うと怖い。

これも、ほどほどにしとかないと...


楽団の先輩が、人事でもめた時に
「このバンドは、自分にとって”子ども”のような存在で、
大事に大事に育ててきたもの」
と言っていたのを思い出す。

私は、まだその域には達してないけど、
楽団に対しても、いつかそう思える時が
来るといいなぁと思う。

こういう気持ちが軸にあれば、
無駄にストレスをためることなく、
活動し続けられるような気がする。
posted by あねごん at 23:55| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

仏のような人

こないだ友人と話をしていて...

気づくと、何となく嫉妬と言うか、
そういう感情を抱いている自分。

それで、相手の話を否定していたり。

数時間後に、なんでそんなつまらんことで
嫉妬してんのやろう、と。



他者への嫉妬とか、憎悪、嫌悪をなくせば
人はもっと楽に生きられる、という。

欲の深い人間なので、
これらをゼロにするのは
きっと難しいのだろうけど、

出来ることなら、誰にも嫉妬せず、
誰にも嫌悪する、されることなく、
生きていきたいと思う...

反面、嫉妬や嫌悪がなくなったら
”仏のような人”になってしまうかなぁ、
それはそれで、人間っぽくないのかなぁ、と。

人同士がいがみ合っているのを
見ることほどつらいことはないので、
自分も出来るだけ
人とはいがみ合わないように
しているつもりだけど、

その分、自分で自分を責めていることが
多くなってるのかなぁ、とも思う。


どっちもないのが一番いい気がするけど、
そんな人は世の中にあんまりおらんやろうし、
所詮、欲の深い凡人、ってことなんかな...
posted by あねごん at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。